通販のセンシティブスキンシャンプーを使う頻度は?

使い方を調べる様子 敏感肌の愛犬や愛猫にも、安心して使用できるのが魅力のセンシティブスキンシャンプー。

汚れを落としながら被毛を紫外線の影響から守り、ツヤのある美しい被毛へと導けるのが魅力です。

洗うだけで効果的なスキンケアを行えるため、できるだけ手軽にペットのスキンケアを行いたいとお考えの飼い主さんの間で高い人気を得ています。

また、センシティブスキンシャンプーには保湿に優れた成分も含まれているので、洗ったあとの肌の乾燥も抑えられています。

洗い終わったあとも、しっとりとした肌を維持できるため、できるだけ愛犬や愛猫の肌を乾燥させたくない方にも適しています。

 

それほど手間をかけずにスキンケアを行えるセンシティブスキンシャンプーですが、使い方によってはペットの肌に悪影響を与えてしまいます。

肌や被毛の状態を良いものへ導くどころか、状態を悪化させてしまうおそれもあるため、悪い使い方をしないよう注意する必要があります。

特にセンシティブスキンシャンプーの場合、ホームセンターやペットショップではあまり見かけず、入手方法はほぼ通販に限られているといえます。

店員さんに詳しい使い方を尋ねるわけにはいかないため、通販で購入する前に犬や猫の正しいシャンプーの頻度を確認しておくべきです。

通販でセンシティブスキンシャンプーを購入する前に、大体の目安となる使用頻度を確認してセンシティブスキンシャンプーの使いすぎを防ぎましょう。

 

通販のセンシティブスキンシャンプーは犬と猫で使用頻度が違う

ペット用のシャンプーは、薬用かそうでないかで目安となる大体の使用頻度が変化します。

薬用の場合、医薬品の成分が含まれているので製品ごとに使用頻度が決められており、その頻度を守ることで最大限の効果を得られます。

一方、薬用ではない天然由来の成分が使われたシャンプーの場合、医薬品の成分は含まれていません。

そのため、一般的なシャンプーを使うときと似たような感覚で使うことができます。

 

ペットのシャンプー頻度は、犬と猫の場合で少々異なります。

愛犬と暮らしているか、愛猫と暮らしているかで違いがあるため、適切な方法を使い分ける必要があります。

犬と猫の両方と暮らしている場合、頭の中で2つの使用頻度を混同してしまう可能性があるので気をつけましょう。

犬の場合の使用頻度

使い方を調べる様子犬は定期的に散歩をする必要があるため、足回りを中心に汚れが付着しやすい傾向にあります。

また、皮脂の汚れもつきやすく、春先には家の中に花粉を持ち込んでしまう場合もあります。

月に1回程度の頻度で大丈夫といわれていましたが、汚れが溜まりやすいといえるので、完全室内飼いでも知らないうちに汚れが結構溜まってしまいます。

月に1回のシャンプーでは不十分である可能性もあるため、10日、もしくは2週間に1回程度のシャンプーが推奨されています。

 

現在の日本では、犬用のペットケアグッズの1つとして拭き取りシートがあります。

拭き取りシートは、シャンプー嫌いの犬でも簡単に使うことができ、さっと汚れを取り除くことができます。

しかし、拭き取りシートは被毛や肉球についた汚れを取り除くのには適していますが、皮膚や足指の汚れなどを取り除くのにはあまり適していません。

普段から拭き取りシートを使っているという場合でも、定期的にセンシティブスキンシャンプーで洗うようにしましょう。

猫の場合の使用頻度

犬は汚れてきたらシャンプーをするものというイメージがありますが、猫にはあまりそのようなイメージはありません。

猫自身も自分でグルーミングをしているため、ぱっと見た印象では洗わなくても十分綺麗なようにみえます。

しかし、綺麗に見えるのはあくまでも体表のみで、舌が届かない箇所には皮脂汚れや排泄物による汚れがたまりがちになってしまいます。

その汚れが原因で嫌な臭いに繋がってしまうこともあるので、猫にも定期的なシャンプーが必要です。

 

猫の場合、犬に比べるとシャンプーをする頻度は少なめになっています。

年に1回、もしくは月に1回程度で十分といわれており、犬のように頻繁にシャンプーする必要はありません。

季節の変わり目をはじめとした抜け毛が多い時期や、被毛の汚れが目立ってきたとき、繁殖期などの時期を目安にシャンプーを行いましょう。

濡れるのを嫌がってしまう場合は、まずはすすぎ不要のドライシャンプーからスタートし、慣れてきたらセンシティブスキンシャンプーで部分洗いをしましょう。

 

通販のセンシティブスキンシャンプーは使いすぎないよう注意

事前に通販を利用し、センシティブスキンシャンプーを購入しておけば、シャンプーをしなくてはならなくなった際にすぐシャンプーできます。

ある程度の数をまとめ買いしておけば、飼い主さんが使いたいと思ったときにいつでも使うことができます。

肌に負担をかけにくく作られているセンシティブスキンシャンプーですが、洗いすぎには十分注意が必要です。

 

犬の場合でも猫の場合でも、シャンプーを頻繁にしすぎると皮脂を過剰に落としてしまいます。

皮脂は量が多くなってしまうと汚れに繋がりますが、皮脂そのものはペットの肌に必要なものです。

汚れだと考えて洗い落としすぎてしまうと、肌の乾燥を招いたり被毛のパサつきの原因になってしまったりします。

また、犬や猫の皮膚は薄いため、過度なシャンプーによって皮膚そのものを傷つけてしまうおそれもあります。

シャンプーでスキンケアをするはずが、愛犬や愛猫の肌に悪影響や負担を与えてしまうため、逆効果になってしまいます。

いつでも使えるからといって、頻繁にセンシティブスキンシャンプーを使いすぎないよう気をつけましょう。

 

トリミングサロンを利用していても定期的にセンシティブスキンシャンプーを使おう

犬の場合、定期的にトリミングサロンへ連れて行っているという飼い主さんも多いと思います。

トリミングサロンでは、愛犬の被毛をカットするだけでなく、シャンプーをして綺麗な状態にしてもらえます。

そのため、定期的にトリミングサロンに連れて行っている場合はセンシティブスキンシャンプーをあまり使わなくても大丈夫なのでは?と思ってしまうかもしれません。

 

確かにトリミングサロンでは、ブラッシング、シャンプー、カットを一通りやってもらえます。

しかし、それでも汚れは見えにくいところにたまっていってしまい、それが皮膚疾患の引き金になってしまう場合があります。

そのため、トリミングサロンに連れて行っている場合でも合間のケアとして自宅でのシャンプーは必要とされています。

 

トリミングサロンでお世話になっている場合、自宅でのシャンプーは2週間に1回程度とされています。

それ以上の頻度でセンシティブスキンシャンプーを使うと、洗いすぎになってしまう可能性があります。

どれくらいの周期でトリミングサロンに連れて行っているかもしっかりと考えて、自宅でのケアが洗いすぎの原因になってしまわないよう注意しましょう。

 

通販のセンシティブスキンシャンプーは正しい頻度で使おう

使い方を調べる様子センシティブスキンシャンプーは、数あるペット用シャンプーのうち、ペットの肌に優しく作られているものの1つです。

愛犬や愛猫の肌を乾燥させずに洗うことができますが、正しい頻度で洗わないと負担をかけてしまう場合があります。

犬の場合は10日もしくは2週間に1回、猫の場合は月に1回のペースを守り、センシティブスキンシャンプーを使いましょう。

また、愛犬をトリミングサロンに連れて行っている場合は2週間に1回程度にとどめ、洗いすぎになってしまわないよう十分注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました